保育実践研修会④「食育・運動あそび」を開催しました

 7月26日(水)に、生涯学習センター(まなびCAN)で、「保育の専門性につながる知識や技能について理解を深め、保育実践に生かす。~発達に応じた乳幼児期の食育や運動について学ぶ~」をねらいとした保育実践研修会④「食育・運動あそび」を実施しました。
 始めに、講師に高松市こども保育教育課運営支援室食育係長の原由美子氏をお迎えし、「乳幼児と食育」と題して講話を行いました。「食育基本法」や保育所保育指針にある「保育所における食育」を基に、具体的な例を挙げながら、「食を営む力」の育成や環境整備、保護者啓発について話していただきました。また、SDGsの考え方を踏まえた「食育推進基本計画(農林水産省)」の要点から、生涯を通じた心身の健康を支える食育の重要性を御指導くださいました。
 次に、「保育に取り入れられる運動あそび」と題して、「こどもの育ち研究所」幼児体育指導員の佐々木明世氏による講話と実技講習を行いました。子どもの発達段階に応じた様々な運動遊びや支援の工夫を、豊富な実績に基づいて表情豊かに伝えてくださいました。実際に身体を動かしながら、子どもの心が動くポジティブな言葉掛けや関わり方について学ぶことができました。
 受講者からは、「法律と具体例を筋道立てて話をしてくださったので分かりやすかった」「食育は、栽培活動やクッキングだけでなく、日々の生活の中にあることが分かった」や、「保育者自身が、目的意識をもって動くことが大切」「教職員と学びを共有したり保護者に発信したりしたい」などの感想が寄せられました。時間があっという間に過ぎ、もっと知りたい学びたい思いが強まった充実した研修となりました。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 保育実践研修会④「食育・運動あそび」を開催しました はコメントを受け付けていません

保こ幼 クラス担任研修会を開催しました(オンライン研修)

 9月1日(金)、「子ども理解に基づく支援のあり方や教職員連携など、クラス担任に必要な指導力を身に付ける。」ことをねらいとして、オンラインによるクラス担任研修会を実施しました。
 この研修では、香川県教育委員会義務教育課の河江奈緒美主任指導主事による「幼児理解に基づいた評価の実施」について、講話を行いました。幼稚園教育要領や幼保連携認定こども園教育・保育要領、保育所保育指針等を基に、「幼児理解」や「評価」の意味と指導改善に生かす要点について話がありました。評価の手掛かりとなる日々の保育記録については、子どもの姿から経験している内容を見取って子どもの育ちを支える環境や支援を考えることの大切さを確認し、目的に合った記録方法について学ぶことができました。
 受講者からは、「保育記録は負担感があったが、幼児理解や保育の見直しに必要なものであると認識が変わった」「保育記録から、子どもの姿の変容や遊びの変化に気付き、多面的・客観的に振り返り、保育の再構成や幼児理解に努めたい」などの感想がありました。今後、クラス運営の課題改善に向けた演習に生かすことができる有意義な時間となりました。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 保こ幼 クラス担任研修会を開催しました(オンライン研修) はコメントを受け付けていません

第2回保育所新規採用教職員研修会を開催しました

 9月1日(金)・4日(月)に高松市の就学前教育を担う教職員としての責任と自覚をもち、基礎的な知識や技能を身に付けることをねらいとして、「第2回保育所新規採用教職員研修会」を開催しました。
 研修1では、NPO法人自然塾ぴょんぴょんのインストラクター松本洋子氏によるネイチャーゲームを実施しました。総合教育センターの庭で、子どもの目線で自然と関わる楽しさや、五感を使った遊びの体験をしました。参加者からは、「目をつぶり、耳を澄ませ、自然の中で寝転ぶなど、子どもたちと自然の心地よさを感じたい」「子どもと一緒に自然の中で遊ぶことを通して、子どもの気付きを受け止め一人一人と関わっていきたい」などの感想がありました。
 研修2は、「心と体を育てる運動遊び」と題して、香川大学教育学部幼児教育コースの藤元恭子教授よる演習を行いました。「ウレタン棒」を使い、「アニメイム」(アニメーションとパントマイム)に取り組みました。参加者が意見を出し合いながら、動画で確認し完成度を高めていく中で、協働性や達成感を味わうことができました。参加者からは、「自分一人では思いつかなかったアイデアを共有することができた」「最初は恥ずかしさもあったが、次第に夢中になり、皆で創り上げることの楽しさを知った」などの声が聞かれました。

 研修3は、香川県教育委員会義務教育課の河江奈緒美主任指導主事による、「幼児理解に基づいた評価の実施」について講話を行いました。子どもの姿から経験している内容を見取り、子どもの育ちを支える環境や支援について考えていくために欠くことのできない保育記録の必要性について確認しました。参加者から「保育が振り返りやすいよう自分自身の言葉で記録したい」「自身が無理なく継続できる『記録方法』を見つけたい」などの感想がありました。
 研修4のグループ協議では、研修3の講話を念頭に置き、持ち寄った各自の保育記録をもとに、保育記録を取る際に留意したいことを話し合った後、実際に記録する実践を行いました。参加者からは「子どもの姿から、子どもがどう楽しんでいるか、また何が心を動かしたのかを記録したい」「自分の保育記録を見直して、次の遊びにどうつなげていくかが書けていなかったので意識して記録していきたい」「自分の考えのみではなく、職員間で話した子どもの姿等も取り入れた記録を取りたい」等の感想がありました。
 新規採用教職員同士が演習や協議に取り組み、共に学び合うことができた有意義な研修となりました。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 第2回保育所新規採用教職員研修会を開催しました はコメントを受け付けていません

保育実践研修会⑧「音楽・表現あそび」を開催しました

 令和5年8月18(金)に、「保育の専門性につながる知識や技能について理解を深め、保育実践に生かす。~豊かな感性や表現力を育む「音楽・身体表現」あそびについて学ぶ~」をねらいとして、保育実践研修会⑧「音楽・表現あそび」を実施しました。
 前半は、元小学校教頭の谷薫氏による、「歌・リズム・楽器あそび」の講話・演習を行いました。保育者はエンターティナーで、正しい知識と技能を身に付けて子どもたちの手本になる重要性や表情豊かに楽しむことを、歌唱指導法や楽器あそびを通して学ぶことができました。「鍵盤ハーモニカ等の適切な奏法がわかってよかった」「わらべうたの大切さがわかったので、保育に取り入れていきたい」などの感想が寄せられました。
 後半は、アーキペラゴのカタタチサト氏による、「身体を使った表現あそび」の講話・演習を行いました。「は・じ・め・ま・す」の身体表現に始まり、「今日の元気」の表現やカラーポリ袋を使っての表現など、参加者の感性が刺激され、それぞれが自由に表現しました。「自由に表現することの難しさを感じるとともに、子どもたちの自由な発想や表現のすごさを感じた」「子どもと共に表現するために、自分自身を開放したい」などの感想が寄せられ、豊かな表現について、学びの多い研修会となりました。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 保育実践研修会⑧「音楽・表現あそび」を開催しました はコメントを受け付けていません

保こ幼・小合同研修会研修会(全体研修)を開催しました

 「子どもの発達や学びの連続性を踏まえ、幼児期から児童期にかけての教育のつながりを理解し、保こ幼・小連携教育の推進に努める」というねらいのもと、8月4日に保こ幼・小合同研修会(全体研修)を開催しました。校区内の教職員がより多く参加しやすいように、各連携校区の小学校に集合し、総合教育センターとオンラインでつなぎ実施しました。
 前半は、「保こ幼・小連携教育の推進」と題して、香川大学教育学部准教授 倉野晴代先生による講話を行いました。参加者からは、「2年間の『架け橋期』だけでなく、0~18歳までの学びの連続性を意識するという話が心に残った」「教職員がウェルビーイングの視点を共通理解し、交流・連携することの大切さを知った」「『学び』は与えるものではなく、一緒につくっていくもの という言葉が心に残った」等の感想がありました。
 後半は、「高松市の幼保小の架け橋プログラムに関する調査研究事業」の開発校区の事例をもとに座談会方式で「交流活動」のポイントについて報告しました。その後、各校区で今後の交流活動に向けて、講話や報告を参考にしながら協議を行いました。
参加者からは、「開発校区の実践報告が参考になり、校区で交流活動のねらいや内容等、具体的な話ができ、有意義な協議となった」「交流活動について、『子どもの心をつなぐこと』や、『イベントごとで終わらない』といった視点で意見を出し合えた」「持続可能な交流にするために、交流前の計画や、交流後の振り返りは必要だと感じた」などの感想がありました。
 今後は、校区の交流計画をもとに、幼小の教職員が気軽に話し合いながら「交流活動」を実施していきます。そして交流活動での子どもの学びや教職員の支援、環境構成について振り返り、次年度の交流や接続期カリキュラムに反映させる予定です。持続可能な保こ幼・小連携接続を目指し、架け橋期の教育・保育の充実を図っていきます。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 保こ幼・小合同研修会研修会(全体研修)を開催しました はコメントを受け付けていません

保こ幼 保育実践研修会「子ども理解」を開催しました

 7月14日(金)、「日々の子どもの姿から経験していることを見取る等、子ども理解について学ぶ」をねらいとして、私立こども園・保育園(所)、認定外保育施設、小規模保育事業の先生方を対象に研修を実施しました。公立の就学前施設においては、各施設でオンデマンド研修を実施しました。
 前半は、『高松っ子いきいきプラン改訂版』『子どもの学びをつなぐ』を用いて、作成の経緯や活用方法について確認し、「子どもの学びトークシート」の活用について演習を行いました。後半は、グループで事例を基に「子どもたちは遊ぶ中でどのようなことを経験しているか」を語り合いました。『高松っ子いきいきプランの視点』や『育みたい資質・能力の3つの柱』と関連付けて考えてみると、遊びの中で試したり工夫したりする力や、自分の考えを言葉で伝えようとする力など、様々な力が育まれていることが分かり有意義な時間となりました。
 参加者からは「トークシートを使用することで子どもの遊びの中での経験や学びが見える化できてよく分かった。」「遊びを振り返ることで、保育者の支援や環境が広がると感じた。」「今日の学びやシートの活用の仕方を施設の先生に知らせ、自園でも使ってみたい。」などの感想があり、各施設の今後の教育・保育の充実につながる研修となりました。

カテゴリー: 幼児教育, 研修会 | 保こ幼 保育実践研修会「子ども理解」を開催しました はコメントを受け付けていません

第5回中堅教諭等資質向上研修会Ⅰを開催しました

 8月24日(木)第5回中堅教諭等資質向上研修会Ⅰが、高松市総合教育センターで開催されました。この研修には、小学校51名、中学校13名、計64名の教職7年目となる先生方が参加しました。
 今回の研修では、少人数のグループに分かれて、9月から11月の間に各学校で行われる授業実践についての指導案検討が行われました。その中で特に、GIGA端末の活用についての場面や意図を中心に各自で説明をしていきました。その後、グループの参加者から質問やアドバイスがなされました。
 2学期に行う授業実践に向けてさらに各自で検討し、よりよい授業実践が行われるよう期待しています。

カテゴリー: 研修会 | 第5回中堅教諭等資質向上研修会Ⅰを開催しました はコメントを受け付けていません

第2回教職1年経験者研修会を開催しました

 8月23日(水)、第2回教職1年経験者研修会が高松市総合教育センターで行われました。
 今回は、教職1年経験者要請訪問に向けた授業づくりについて、各自が持ち寄った指導案をもとに話し合うことで、授業力の向上を図ることを目的としていました。
 それぞれの授業者が悩んでいる点について、グループで協議し、児童生徒一人一人の主体性を大切にできる授業になるよう検討しました。同じ教科や学年を担当しているので、学習課題や対話するための手立て、考えるための仕掛け等、具体的なアイディアが次々と出されていました。
 今日の話し合いをもとに、各自が指導案をさらに練り、2学期の授業を実施します。各学校でより一層主体的な学びが展開されることが期待できそうです。

カテゴリー: 研修会 | 第2回教職1年経験者研修会を開催しました はコメントを受け付けていません

教務主任研修会を開催しました

 8月18日(金)、教務主任研修会がオンラインで行われました。
 研修の前半は、愛媛大学大学院 教授 露口健司氏より「教職員の働きやすさと働きがいを目指す教務主任のリーダーシップ」と題して、講話・演習がありました。「働きやすさ」と「働きがい」、その両立は、教員を取り巻く信頼関係にあるとのことです。そこで、業務改善を「働きがい」という観点から整理・分析し、改善方策について検討していく考え方が示されました。演習では、まず教務主任としての自分自身を振り返り、デジタルワークシートを使って、座標軸に仕事ごとの付箋紙を整理していきました。それをもとにグループで話し合うことで、教務主任の仕事を自分なりに再構築していました。
 後半は、中学校区をメインとしたグループで、「各校における教務主任の役割と課題」について協議しました。情報交換も含め、互いに話し合う中で、新たなアイディアも生まれ、学校改善に向けて一歩を踏み出すきっかけを得る貴重な時間となりました。

カテゴリー: 研修会 | 教務主任研修会を開催しました はコメントを受け付けていません

第4回中堅教諭等資質向上研修Ⅱ・第5回中堅養護教諭資質向上研修Ⅱ・第4回 中堅養護教諭資質向上研修Ⅰ・第2回教職20年経験者研修会(養教・栄教)を開催しました

 8月17日(木)、第4回中堅教諭等資質向上研修Ⅱ・第5回中堅養護教諭資質向上研修Ⅱ・第4回中堅養護教諭資質向上研修Ⅰ・第2回教職20年経験者研修会(養教・栄教)が高松市総合教育センターで行われました。
 今回の研修は、「連携」をテーマとした5つの分科会の中から各自が選択して2つの分科会に参加し、その後、小・中学校別に集まって学びを共有しました。

 半日の研修でしたが、内容の濃い学びができたことで、参加者の満足度が非常に高かったことアンケートからも伺えました。今日の学びが、今後の連携・協働に活かされることを期待します。

カテゴリー: 研修会 | 第4回中堅教諭等資質向上研修Ⅱ・第5回中堅養護教諭資質向上研修Ⅱ・第4回 中堅養護教諭資質向上研修Ⅰ・第2回教職20年経験者研修会(養教・栄教)を開催しました はコメントを受け付けていません