1月28日学校の様子

昨日のテレビで、「春は光・音・気温の順に訪れる」と言っていました。今朝は光のまぶしさを感じ、志度湾の漁船のエンジン音を聞き、風もなく気温が上がっていました。持久走をしている生徒たちも汗をかきながらがんばっています。1年生は道徳で題材「なおしもん」を扱っていました。輪島塗の破損部分を、職人が思いを込めて丁寧に直し依頼主に返したもので、伝統文化を受け継いでいく心を養うねらいがあります。香川(高松)にも漆芸や染め物、石(庵治石)の工芸など、伝統工芸や文化が受け継がれていますが、その心意気を大事にしたいですね。家庭科ではミシンやアイロンをうまく使って、布作品が作られています。 美術の自画像描きは鏡を見て、数学の確率は電卓を見て、それぞれ道具をうまく活用しています。今日から部活動を再開しますが、部室前にこのような張り紙を見つけました。今週は感染対策をしながら、スロースタートで無理しないようにしていきましょう。放課後、2年生が人権学習のまとめをしていました。ハンセン病回復者の証言をもとに、気持ちのこもった発表になることを確信し、期待しています。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク