1月8日学校の様子

寒さが厳しく、登校時間の時も-2度を示し、寒いと言うより痛いという感じです。校舎外では水道が凍り、蛇口の下には40cm以上もある石筍のようなつららや、水槽に張った厚さ1cmほどの氷など、寒さの程度も今年一番です。それでも生徒たちは元気に登校し、8時過ぎにはほぼ全員が校舎に入っていました。大掃除の後、校内放送による始業式では、校長より「感染症について、自分が広げているかも知れないという危機感とともに、思いやりの気持ちをもって冷静に感染防止に努めること。自分から気づき・考え・実行する学期にすること。個々の活躍に期待すること。」について話をしました。また、生徒代表の決意では、3名の代表が話をしました。勉強と部活の両立を目指し、試合やコンテストの経験や反省から、日頃の取り組みを大切にすることや、最後まであきらめずに全力で向かうことを堂々と決意表明しました。各学級では専門委員や係等を決め、来週からの生活に向けて話し合いをしました。また、冬休み明けテスト(1年12日、2年13日)の準備や、入試についての説明も行われました。連休中に入試もあります。3年生、寒さに負けず、ベストを尽くそう。応援しています。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク