9月9日学校の様子

朝の時間を使って「ほっとトーク」を全校生各クラスで行いました。今日のテーマは「友達って絶対に必要?」。各クラスとも、必要、必要でない、自分の考えを基に小グループ内で発言していました。自分と同じ考えを持つ人もいれば、違う考えを持つ人もいます。その理由を聞いたり価値観を認めることで、心の広がりは生まれるように思います。2年生は、それに引き続き道徳で「命が生まれるその時に」を題材として、命の尊さについて考えました。活発な議論の中で、自分が生まれたときの様子はどうだったのかお家の人に聞いてみよう、という意見もありました。この時期だからこそ本当に大切な時間だと思います。先日の親子ふれあい奉仕活動の写真を、生徒会役員が生徒玄関に掲示しました。ありがたいことに四国新聞でも紹介されましたが、これからも自分に何ができるのかを、日々一緒に考えましょう。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク