7月11日道の駅

「道の駅むれ」で花を植える活動があり、感染症の影響で生徒ボランティアは募集できなかったので、大谷教頭と十河事務吏員さんが代表として参加してくださいました。参加者は地域の方20名足らずでしたが、1時間ちょっとであっという間に道の駅周辺にマリーゴールドが8000本近く植えられたそうです。準備された方々、ご苦労でした。梅雨明けした後の、黄色やオレンジ色の花を楽しみにしています。一方、学校では、体育館でバスケットボール部が練習、運動場ではサッカー部が練習試合、校内ではソフトテニス部、柔道部、剣道部が練習し、吹奏楽部は中庭で演奏していました。代替の大会や演奏会に向けて、声や音も大きく、いっそう気合いが入っているように見えます。けがのないように、できることを精一杯頑張ってください。応援してます。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク