5月18日マスク贈呈

今日も昨日と同様、生徒が自主的に登校して頑張っていました。
さて、作成いただいた布マスクは、昨日総計で310枚にもなり、無事4カ所の老人ホーム等施設(コリーナ、八栗の里、香色苑、高松日本赤十字)に、生徒会長の安宅さん、副会長の表さん、生徒会担当の五所尾先生、山地教頭が届けてくれました。各所とも丁寧に受け取っていただき、活用する旨のお言葉をいただきました。布マスクという物だけでなく、それを作った人の思いまでうまく自分の言葉で、生徒会長たちは伝えてくれました。一つのマスクが生きる勇気を与えてくれると信じています。協力くださった生徒や保護者の方々、先生方にあらためて感謝いたします。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク