5月16日コイ水槽

学校のコイ引っ越し大作戦は、佳境を迎えています。水槽の水漏れは無事止まっているようですが、今度は浄化槽の不具合が見つかり、コイは元気なのに設備が元気のない状態でした。再び保護者の方たちが独自のネットワークを使ってそれぞれの専門家?を急遽お呼びし、仕事の途中にもかかわらず力を貸してくれました。設備にも若干手を加え、浄化槽内には、自然の牡蠣(カキ)の殻を砕いたものを志度方面に取りに行って、水で洗いながら入れました。「コイが生き生きと泳ぐ=生徒が見て癒やされる」。なんとか6月までには、というみんなの思いです。地域の力はすごいです。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク