【健康】ジュースには、こんなに砂糖が!

■1日に必要な砂糖の量は?20gですよ。生徒と話していると、朝からジュースとパンという子もいました。運動部の生徒の中にも、水分補給のつもりで、結構な量の砂糖入りスポーツドリンクを飲んでいる生徒もいます。水、熱中症対策用経口飲料、お茶以外は、砂糖が含まれていますので、摂取量はご家庭である程度コントロールしてあげる必要があります。下の写真は、養護教諭が作成した力作です。拡大できますので参考にしてください。


■砂糖は・・・
もちろん、有害物質ではなく、おいしい調味料です。ただ、塩と同様に摂取量のコントロールが必要な調味料です。虫歯・糖尿病、心臓病の原因としてはすでによく知られています。また、摂取量によっては、依存性が高まり、脳の伝達物質にも影響を与え、注意散漫や多動(落ち着きがない)との関連の可能性もスエーデンの研究で指摘されています。これも、砂糖の種類によりますし、食育環境や生育環境、体質などが、複雑に作用し合っているので、可能性の域を越えることはありません。他の添加物と同様、お子様の状況により、各ご家庭のご判断で調整や指導が必要です。

カテゴリー: 健康, 給食・食育 パーマリンク