あいさつ運動

「元気なあいさつで、さわやかに一日のスタートをきりたいので続けています。」
「あいさつしたら心がポカポカになるような気がするよ。」
「最初ははずかしかったけど、今では大きな声でがんばっているよ。」
「ペア学年の子をさそって一緒にまわるのが楽しみです。」
あいさつ運動をしている子に話を聞いてみると、このような声が返ってきました。
弦打小学校では、決まった場所(靴箱や通用門周辺)に立って行ったり、校内を歩きながら行ったり、ペア学年で一緒に行ったりするなど、さまざまなバリエーションの「あいさつ運動」を展開中です。
いろいろな方法で、楽しみながらあいさつを交わし合う中で、あいさつ習慣が定着してほしいという願いがあるのですが、今回またひとつ新たなあいさつ運動が行われました。卒業生である勝賀中学校の生徒さんが、登校前の時間に母校に来て、あいさつ運動を行ったのです。東西2つの通用門から登校してくる子どもたちは、少し驚いた表情を浮かべながらも、笑顔であいさつを交わす姿が見られました。これらは、弦打小児童会と勝賀中生徒会が連携をとって展開する「勝賀ビッグフレンズ」の取り組みの一つです。今回は、一日だけの実施でしたが、また次年度もすばらしい運動になればいいなあと思います。
また、12月9日(月)には、あいさつ運動のマスコット「おはっピー」も登場しました。寒さで背中を丸くしながら、登校しがちな時期ですが、安全に気をつけ、元気なあいさつで一日を始められるよう頑張っていきましょう。

カテゴリー: お知らせ | あいさつ運動 はコメントを受け付けていません。

ふるさと学習

12月6日(金)2年生が地域の高齢者の方をお招きして、「ふるさと学習」を開催しました。当日は、1年生も一緒に参加し楽しい時間を過ごしました。
生活科の学習で「昔のくらし」について学んだ2年生、今回は『遊び』にスポットを当てて、地域の高齢者の方に教えていただきました。
体育館には、各遊びのブースが設置され、「けん玉」「輪投げ」「コマ回し」「おじゃみ」「あやとり」に挑戦しました。最初はなかなかうまくいかなかった子どもたちですが、お手本を見せていただいたり、丁寧に指導してくださったりしたおかげでできるようになった子どもたちもいて、「やったあ、できた!」という歓声が体育館に響いていました。
いまや子どもたちの遊びといえば、「ゲーム機」が主流となっている現状がありますが、昔の遊びに触れることで、身体を動かして遊ぶことの楽しさや難しさを味わったのではないでしょうか。また、地域の高齢者の方々との交流ができ、とても有意義な時間となりました。

カテゴリー: お知らせ | ふるさと学習 はコメントを受け付けていません。

人権集会

12月4日(水)5校時、「人権集会」が行われました。
今年のテーマは、「一人ひとりの気持ちを考え、思いやりの心をもって、行動に表す弦打っ子」です。前日の委員会活動時に5・6年生が会場準備を行い、準備万端。本日は、各学年団でこれまで学習してきたことを発表しました。
日常の生活の一場面にスポットを当てて、友達の気持ちを考える学年もあれば、校外学習で現場に行き、お話を伺うことで、これまでの学習を深めていった学年もありました。           また、「2分の1成人式」ということで10年間を振り返って、自分の夢を語ったり、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを発表した学年もありました。
どの発表においても、児童が自分の言葉や演技に自信を持って発表している姿がとても印象的で、きっとそれは「学び」の充実とともに、各クラスや学年間で児童相互の信頼関係や思いやりの心が育っている証ではないかと感じます。
人権集会は、今日で終わりましたが、これからもさらによいクラス、よい学年、よい学校に成長し、みんなが毎日笑顔で登下校できるような弦打小学校でありたいと思います。

   

カテゴリー: お知らせ | 人権集会 はコメントを受け付けていません。

体力づくり始まる

5月に新体力テストを行いました。全国平均、県平均との比較等、最終的な結果は3学期に出てきます。本校では、その結果を受けて課題を分析し、改善に向けて冬季に体力作りを行っています。
今年度は、昨年度課題にあがった「投力」「持久力」をアップするために、11月25日(月)から2月21日(金)まで月・金曜日の業間休みに「ボール投げ運動」「鉄棒・なわとび」に取り組んでいきます。
今日は、初日。「ドッジキャッチラリー」を行いました。低学年-5m、中学年-7m、高学年-10mの距離で、友達と向かい合い、次々とパスをつないでいきます。3分間で何回パスをつなげるかを数え、毎回記録していきます。5年生のあるクラスは、いきなり45回という記録が出たようです。ボールを投げる能力やボール操作技能の向上が期待できるとともに、クラスみんなで協力し、記録に挑戦することで、クラスの一体感も高まっていくことでしょう。これからますます寒さも厳しくなってきますが、寒さに負けず、弦打っ子の体力がどんどん高まっていくよう取り組んでいきます。

カテゴリー: お知らせ | 体力づくり始まる はコメントを受け付けていません。

爽やかな一日の始まり

秋も深まり、季節はだんだんと冬へと移り変わっていく気配を感じる今日この頃ですが、弦打っ子は朝から元気いっぱいです。
今回は、弦打っ子の朝の様子をご紹介します。
【外遊び】
クラスの友達と誘い合って、運動場でなわ跳びをする子どもたちが増えています。今朝も元気な声が運動場に響いていました。
【あいさつ運動】
ペア学年で、あるいはクラスで場所を工夫して、また校舎を歩きながら…いろんな方法で工夫しながら「あいさつ運動」に取り組んでいる子どもたちがいます。
今朝も、通用門や靴箱であいさつを行う6年生や、校舎を歩きながらあいさつを行う低学年の子どもたちの明るい声を聞き、心が温かくなりました。スタンプカードを押す役割の子どもたちもいて、自分の役割をしっかりと果たしている姿も印象的でした。
【自主的ボランティア】
委員会活動とは別に、自主的にボランティア活動に取り組んでいる4年生の子どもたちがいます。花壇の植え替えや、草抜き、落ち葉拾いなど、真剣な表情で作業している子どもたち。最初は用務員さんのお手伝いから二人ほどで始まった活動だったようですが、現在メンバーは5名。だんだんと活動の幅を広げながら、みんなのために頑張っています。名札の横にある真っ赤なワッペンが会員の証。今後も活躍を期待しています。

他にも、各委員会の仕事に取り組む子、クラスで提出物を並べる仕事をしている子、読書に取り組む子など、それぞれの活動内容は違いますが、どの子も始業前の爽やかな朝の時間を楽しんでいるようです。子どもたちにとって、今日もすばらしい一日になることを祈っています。

カテゴリー: お知らせ | 爽やかな一日の始まり はコメントを受け付けていません。

あきのおもちゃまつり

11月19日(火)1年生が「あきのおもちゃまつり」を行いました。
校外学習で行った峰山で「どんぐり」や「まつぼっくり」を集めて、「幼稚園・保育所の子を招待して楽しんでもらおう!」というめあてを決めて、みんなに楽しんでもらえるようなおもちゃ作りに取り組んだ成果の発表です。
会場の体育館には、弦打幼稚園、弦打保育所、ときわ幼稚園の園児が集まってくれ、おまつりの始まりです。

最初は緊張気味の児童でしたが、ペアの子が決まるとすぐになかよくなり、いっしょにおもちゃのお店をまわっていました。木の実を使った「楽器」や「迷路」「まと入れ」など楽しいおもちゃに園児たちも大喜び。お店を出して迎える児童も、笑顔の園児を見て大満足の様子でした。
帰り際、「来年、弦打小学校でまってるよ!」「楽しかったよ!」と笑顔で声をかけあう姿がたいへん微笑ましかったです。

カテゴリー: お知らせ | あきのおもちゃまつり はコメントを受け付けていません。

学校保健委員会

11月14日(木)学校保健委員会が行われました。
今年のテーマは、「もっと元気いっぱいになるために-ストレスってなあに-」です。
「ストレス」について、健康委員会の児童がわかりやすく説明したり、クイズを出したり、校内で行った健康アンケートの結果から見えてきた課題などを説明したりしました。
また、スクールカウンセラーの織田先生から「ストレスの正体とつき合い方」という演題でお話をいただきました。児童が、「自分の心を自分でコントロールする大切さを学んだ」「この前学んだアンガーマネジメントをつなげて考えることができた」という感想を述べるなど、しっかりと子どもたちの心に響いたお話でした。
「ストレスで病気になる」というクイズの答えに、会場がざわつく場面がありましたが、ストレスをため込まないように、よい発散方法を自分で見つけながら、自分の心をコントロールしていきたいものだなあと思います。

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ | 学校保健委員会 はコメントを受け付けていません。

第2回「避難訓練」

11月1日(金)今年度2回目の避難訓練を行いました。今回は、「地震・津波」を想定した訓練です。「大地震が発生し、その後大津波警報が発令された」と想定し、緊急時に冷静に判断し、適切かつ迅速に避難できることを目標に取り組みました。
前回は、「火災」を想定し、授業中に行いましたが、全員が教室にそろったなかでの訓練でしたので、運動場への避難もスムーズにできました。1年生が入学して間もない頃であったため、避難経路を確認したり、運動場での整列場所を確認したりすることで、目標は達成できました。
今回は、比較的子どもたちがバラバラに活動している時間帯(清掃終了後)にあえて、実施しました。大地震発生の放送を、ある子は教室で、ある子は廊下で、またトイレ内で聞いた子もいることでしょう。地震発生時に一番大切なことは、「自分の命を守ること」です。机の下にもぐり込んだり、ガラスなどから離れたり、落下物を避けてその場にしゃがんだりしながら揺れが収まるのを待ちます。その後安全な避難経路を通り避難します。子どもたちは、自分がいる場所で命を守る行動をとり、次の放送で各教室へ移動しました。学級での人員点呼のあと、大津波警報発令を受け、校舎の4階へと避難しました。
今回、避難の様子がすばらしかったのは、6年生です。修学旅行で神戸市にある「人と防災未来センター」を訪問し、地震災害の恐ろしさを学習しているからか、速やかに避難し、無駄話も一切なかったです。
南海トラフによる大地震予測が提唱されてずいぶんたちますが、いつ起こるか分からないのが自然災害の怖さです。常に「もしものとき」を想定して、生活していきたいものです。

カテゴリー: お知らせ | 第2回「避難訓練」 はコメントを受け付けていません。

地域ふれあい文化祭

10月26日(土)27日(日)地域ふれあい交流事業文化祭が弦打コミュニティーセンター、弦打小学校体育館で行われました。コミュニティーセンターでは、バザーや子どもたちや地域の皆さんの作品が展示されたり、体育館ステージでは、のど自慢や各種団体による様々な発表が行われたりしました。
小学校からは、作品展示とともに、合唱部が発表を行いました。曲名は「いのちの歌」ずっと合唱部で歌い継がれている曲です。命のすばらしさ、生きる希望を歌ったこの歌。NHK紅白歌合戦でも歌われたことがあるようです。先日サンポートホールで行われた高松市教育文化祭音楽会出演で、さらに自信をつけた合唱部の美しいハーモニーが、体育館に響き渡りました。
地域の結束や、パワーを感じることができたイベント。参加した多くの子どもたちが笑顔で楽しんでいる姿が印象的でした。

カテゴリー: お知らせ | 地域ふれあい文化祭 はコメントを受け付けていません。

秋の校外学習

10月23日(水)爽やかな秋空の下、秋の校外学習に出かけました。
行き先は以下のとおりです。
1年団は、「峰山公園」 「e-とぴあかがわ」
2年団は、「JR高松駅」 「瀬戸大橋記念公園」
3年団は、「四国村」「サンポート高松」「さぬき麺業」
4年団は、「市防災合同庁舎」「さぬきこどもの国」「市南部クリーンセンター」
5年団は、「大塚食品オロナミンC・マッチ工場」「大塚国際美術館」
6年団は、広島平和記念公園・資料館

それぞれの学年が、授業で学習したこと、または今後学習に生かせることを目で見たり、お話を伺ったり、実際にやってみたりするなど、貴重な体験をすることができました。
秋も日に日に深まってきますが、子どもたちにとって「実り多い秋」になることを期待しています。  

カテゴリー: お知らせ | 秋の校外学習 はコメントを受け付けていません。