鶴中閉校記念航空写真

雲一つ無い秋晴れの中、鶴尾中学校閉校記念の航空写真撮影が行われました。航空写真と言えば、約束した時刻にセスナ機が飛んできて、帰りには旋回したり翼を左右に傾けたりして去って行くというのが、大人世代の思い出ではないでしょうか。その中でも、私世代になるとセスナ機がロボットに変身する「ジャンボーグエース」が思い起こされ、セスナ機のパイロットになりたいと夢をもったものです。

令和の時代は、ドローンでの撮影です。地上でオペレーターが操作するドローンが、南の空、東の空からと、撮影を行いました。中学生といっしょに書いた「鶴」の人文字は、朝日を受けての影もなんだか鶴の羽を表しているようで、いい写真になりました。今後、地域の方々のご協力を受けてこの写真がクリアファイルになっていただける予定です。

74年間の歴史に幕を下ろそうとする鶴尾中学校、私たちの校区にある伝統ある中学校です。そんな思い出を小学生としても持ってほしいとの想いで参加した行事でした。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク