6年生 醤油出前講座を受けました

私たちの生活に欠かせない醤油、その出前講座を6年生が受けました。先生は小豆島にある醤油メーカーから来てくださいました。醤油のにおいに含まれているのは300種類のにおい、その原料は大豆と小麦と塩と等、実際に嗅いでみたり触ってみたりしながら、体験的に学びました。

ちなみに、こちらの写真は1リットルの醤油の原料、下から塩、小麦、大豆の順で割合が分かります。たくさんの大豆が使われていることを理解しました。

また、もろみから絞り出さてすぐの醤油(生醤油)は、赤い色です。酸化されることで黒い色になっていくそうです。

海外でも人気の発酵食品の醤油、香川県でもたくさんの工夫をして作られていることを知りました。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク