お話会がありました 12月2日(水)

毎年お世話になっている「おはなし紡ぎの会」の皆さんが、今日は1、4、5、6年生を対象に絵本や詩の読み聞かせをしたり、語り(ストーリーテリング)をしたり、わらべうたを歌ったりしてくださいました。語り(ストーリーテリング)とは、本を読んで聞かせるのではなく、物語(昔話や創作の文学作品など)を、語り手がすっかり自分のものにして語ることです。聞き手は見るものの助けなしに、言葉に耳を傾け、物語の情景を想像できるようにというねらいがあります。子どもたちは、しっかりとお話に聞き入りどっぷりとお話の世界に浸っているように思いました。お話を覚えて語るというのは、エネルギーのいることだと思います。心から感謝申し上げます。また、2年1組の算数では、身近なところにある三角形、四角形を探していました。三角定規、床のます、タイマーなど、次々に自分の発見を発表していました。(久)

カテゴリー: 2年生, 下小Topics パーマリンク