こども未来館出前授業 11月26日(水)

例年であれば、4年生が高松市松島町にある「こども未来館」に出かけていって体験学習を行っていましたが、今年はコロナ禍にあることから出前授業をしていただくこととしました。1時間目は、でんじろう先生のように様々なおもしろい実験を見せてくださいました。バラの花やバナナなどの固体、水やエタノールなどの液体、酸素や二酸化炭素などの気体などを液体窒素につけて超低温(-200℃)にするものです。バナナが釘打ちできるほどカチカチに堅くなったり、ドライアイスができたり、一瞬にして状態変化する様に驚くばかりでした。皆、身を乗り出して感嘆の声をあげていました。2時間目は「アンモナイトのレリーフ」の作品づくりを楽しみました。様々な道具を学校まで運んで授業をしていただいたことに感謝したいと思います。6年生は、グループごとにプレゼンテーションをする準備をしていました。下笠居の自然、下笠居で起こっている交通事故、今以上に下笠居を活性化するためになど、ふるさと下笠居について考えるよい時間になっていました。本番が楽しみです。(久)

  

カテゴリー: 4年生, 6年生 パーマリンク