澄んだ秋空 10月12日(月)

久々の青空が広がっています。昼頃は昨日のように気温が上昇しそうですが、秋らしい澄んだ空です。1年生の算数では、カードにたし算を書いて練習した成果を試しているようでした。教室前方で担任の髙橋先生が紙に書いた計算問題を出題すると、教室後方に立っている児童2人が即座に答えるといった具合です。出題されると、集中して考える(計算する)力が必要のようです。3年1組の算数は、いろいろな物の重さを予想して、適切なはかりを使って調べることがめあてのようでした。教室には、様々なはかりが準備されていました。なかには自分のランドセルを体重計にのせて計量した児童もいました。3年2組の図工では、「くぎうちトントン」の完成をめざしていました。かなづちやくぎぬきの扱いにも慣れて、上手になってきたようです。昆虫や動物の作品が多いようでした。(久)

   

カテゴリー: 1年生, 3年生 パーマリンク