校外に出る学習に目が輝いて10月2日(金)

今朝、登校の様子を見ていると、4年生の表情がいつも以上にウキウキしているように感じました。4年生は、下笠居学習で住吉川に探検に行く日であることを思いだし、納得しました。網やバケツ、ぬれてもよい服装を準備して、やる気満々で学校を出発する様子を見送りました。エビがたくさん見つかったようです。6年生の外国語では、Let’s go to~の文型を使って、タブレットで単語を調べながら「旅先案内カード」を作っていました。韓国、オーストラリアなど様々な行きたい国についてまとめていました。5年生の社会では、「わたしたちの生活と工業生産」について洗濯機の進化を見ながら考えていました。2年1組の図工では、作ったおもちゃの使い方やルールを分かりやすく説明する方法を考え表現物にしていました。2年2組の音楽では、和太鼓でリズムの勉強をしていました。太鼓が一つだけなので、「チャレンジしたい人」と聞かれるとほとんど全員が挙手をしてやりたい気持ちを精一杯示していました。どの学年も意欲的に学習に臨めており、うれしく思いました。下より2段目の写真は、4年生の図工作品「わすれられないあの時」の掲示です。最下段の写真は、環境委員会による花壇の水やり風景と3年2組での教育実習生による栄養指導の様子です。(久)

カテゴリー: 2年生, 4年生, 5年生, 6年生, 下小Topics パーマリンク