パラリンピック教育として 9月8日(火)

本校は香川県オリンピック・パラリンピック教育推進校の指定を受けており、今日はやり投げで東京パラリンピックの出場を目指している田中 司選手を迎えてお話を聞き、将来の夢や生き方について考えました。5年生は、メダルにも触らせてもらいました。そして、放課後は陸上練習をしている子どもたちを相手に、シャべリックボール投げのこつを教えてもらいました。大きく体を動かして投げることが一つのこつのようでした。田中選手は、これまで病気とつきあう中で何度か挫折をしながら、4つのスポーツ(野球・相撲・柔道・陸上)に挑戦してきた経験を熱く語り、「失敗しても挑戦することが次につながる」と子どもたちに伝えていました。児童は、前向きに挑戦する大切さを学び、スポーツを楽しんでいました。取材もありましたので、テレビや新聞で報道されることと思います。(久)

カテゴリー: 5年生, 下小Topics パーマリンク