子どもは風の子 2月17日(月)

昨晩から強風が吹き、今朝も冷たい風が寒さを感じさせる一日となりました。今日の給食時に図書館指導員の小笠原先生が放送で「おばけのてんぷら」という絵本の読み聞かせをしてくれました。最初の2枚の写真がその様子です。昼休みは、運動場に出てみました。「子どもは風の子」と言いますが(いつもより少ない人数のようでした)、寒さに負けず外に出て、思い思いの遊びをしていました。ドッジボール、バレーボール、ハンドボール、大縄、一輪車、鉄棒、コートなし移動しながらのボールの当て合いなど様々な遊びを楽しんでいました。元気な笑顔がはじけており、私も楽しくなりました。(久)

 

カテゴリー: 下小Topics パーマリンク