教育実習生による給食指導 1月24日(金)

今週1週間、本校卒業生が教育実習に来ていました。本日4校時、実習生による給食指導を行うと聞いて、授業会場の1年2組に参観に行きました。今日の給食は、香川県の郷土料理・地場産物を使った「ふるさとの食再発見の日」で、献立は「麦ごはん・しょうゆ豆・ふしめん汁・ゲタのレモンソースかけ・いそかあえ」でした。出来上がったばかりの給食を見せてもらった子どもたちは大喜びでしたが、中にはしょうゆ豆が苦手だと言う児童もいました。実習生から、手作りの教具を使って、しょうゆ豆は、空豆を乾燥させ、ほうろくで炒り、砂糖・しょうゆ・みりんなどで味付けしたものだと教えてもらい、「材料と調味料が分かったので食べられそう。」と子どもたちがつぶやいていました。授業をきっかけに、香川の郷土料理を残さず食べることができるようになるといいなぁ。(久)

カテゴリー: 1年生 パーマリンク