避難訓練(火災) 1月15日(水)

朝、9時55分より、やまびこ教室から火災が発生したとの想定で避難訓練を行いました。冬は空気が乾燥して寒い日が続くため火を使うことが多くなり火災が起こる危険も増えることが予想されます。突然に災害が起こった時に落ち着いて正しい行動ができるようにするための訓練です。子どもたちは、合い言葉「さない・しらない・ゃべらない・どらない」のもと静かに素早く避難できました。私からは、「落ち着いて危険なことから遠ざかる」ことが自分の命を自分で守る方法の1つで、いざという時には訓練を生かして「本物の力」を発揮してほしいと話しました。教頭先生からは、火災の場合は煙の中の有毒ガスを吸わないためにハンカチ等で口を覆い、姿勢を低くして避難するようお話がありました。(久)

カテゴリー: 下小Topics パーマリンク