下笠居学習(5年) 8月28日(水)

本日3校時5年生では、下笠居漁業協同組合より西谷様をお迎えして、総合的な学習の時間に下笠居学習を行いました。香川を代表する魚「さわら」が平成10年頃獲れないことがあり、卵を取ってふ化させ育てて放流をするようになったことや亀水湾、生島湾は干潟なのでアマモに卵を産み小さい魚が育つことなどを教えていただきました。私が感心したのは、4年で学習した住吉川に住んでいる生き物についてよく覚えており、問われると、クロヌマエビ、モクズガニと即座に発表できる子ども達が多かったことです。地域のことにもっともっと興味をもって学んでほしいと思います。(久)

カテゴリー: 5年生, 地域連携 パーマリンク