下笠居地区夏休み合同キャンプ 8月17日(土)

今日、明日と下笠居校区青少年健全育成住民協議会、下笠居地区子ども会育成連絡協議会、下笠居小学校PTAの皆様方等のご尽力で、下笠居地区夏休み合同キャンプが小学校で開催されます。これは、地域の中で、心豊かでたくましい子どもを育てるためには大人や子ども達が互いにふれあうことが必要と考え、地域団体の協力のもと、行われているものです。今年は約100人の参加だそうです。今日は、体育館で今晩就寝するための段 ボールハウス作りを行い、野外炊飯、花火があります。用意されたたくさんの段ボールをグループごとに創造力をはたらかせながら協力して様々な形に組み立て、窓をくりぬいたりして、思い思いにハウスを作り上げていく様子はとても楽しそうでした。暑さ対策のため、途中、かき氷で水分補給をしながら作業を進められることもうれしそうでした。野外炊事では、野菜の切り方や火のおこし方を教えていただきながら、飯ごうでご飯を炊き、カレーを作っていました。初めて見た火おこし用の手作りの機械が私にとってはとても興味深かったです。宿泊する人は映画の上映会もあるそうです。台風一過の猛暑の中、子ども達のために地域の方々、保護者の皆様、清水先生、教頭先生ありがとうございます。なお、3段目に掲載した写真3枚は段ボールハウス優秀作品に選ばれたグループと作品です。(久)

カテゴリー: 下小Topics, 地域連携 パーマリンク