11月11日(月)の給食

11月11日(月)

炒り黒豆の炊き込みごはん(麦入り) 牛乳 煮びたし すいとん汁 みかん

給食時の放送より

「黒豆は、皮の色が黒い大豆で、黒大豆とも言います。高松産ごじまん品の一つです。『まめな人』『まめに働く』『まめに暮らす』など、まじめに働くことや健康を意味する『まめ』とは、大豆のことです。大豆は、日本で昔から食べ続けられている食べ物で、たんぱく質や脂質・ミネラル・ビタミン・食物繊維などをバランスよく含んでいます。今日のごはんには、から炒りした黒豆を入れています。香ばしい香りと味を楽しんで、残さず食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月11日(月)の給食 はコメントを受け付けていません。

11月8日(金)の給食

11月8日(金)

麦ごはん 味付けのり 牛乳 すき焼き煮 かみかみ和え

給食時の放送より

「今日、11月8日は、1・1・8の語呂合わせで、『いい歯の日』です。歯の健康は、食べながらでも守ることができます。それは、よく噛むことです。よく噛むと唾液がよく出て、むし歯の予防になります。また、消化をよくし、食べ過ぎを抑えて、肥満を予防するなどのすばらしい効果もあります。今日の給食には、かみかみ和えがあります。一口30回以上噛んで食べてみてください。食べる時に、牛乳などの水分で食べ物を流し込まないで、もっと噛むことを意識して食べるようにしてみましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月8日(金)の給食 はコメントを受け付けていません。

11月7日(木)の給食

11月7日(木)

わかめごはん 牛乳 高野豆腐のうま煮 のっぺい汁

給食時の放送より

「秋から冬においしい里芋は、昔から日本人に親しまれてきた伝統的な食品です。高松市も里芋の産地になっていて、多く作られています。煮物や炊き込みごはん、すしの具、打ち込み汁やしっぽくうどんなど、さぬきの冬の料理には欠かすことができない食べ物です。里芋の独特のぬめりは、胃や腸を守り、消化をよくする働きがあります。生活習慣病の予防にも大変効果がある食べ物です。今日の給食では、のっぺい汁に使っています。里芋のおいしさを味わって、残さず食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月7日(木)の給食 はコメントを受け付けていません。

11月6日(水)の給食

11月6日(水)

玄米粉揚げパン 牛乳 肉団子とビーフンのスープ 野菜とツナのサラダ

児童の感想より(4年2組)

「玄米粉揚げパンがサクサクで、おいしかったです。また、スープの肉団子がやわらかくておいしかったです。これからもよろしくお願いします。」

給食時の放送より

「玄米とは、もみすりをした後に精米をする前の米です。色は白米よりも茶色で、健康を保つために必要なビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含んでいます。玄米は、米のように炊いて食べるほか、いろいろな料理に使うことができます。今日は、玄米をから煎りした後で、粉にした玄米粉に、少し砂糖を加えて、揚げパンにまぶしています。玄米の香ばしい香りを楽しんで食べてください。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月6日(水)の給食 はコメントを受け付けていません。

11月5日(火)の給食

11月5日(火)

麦ごはん 牛乳 豆腐の中華煮 春雨サラダ かえりアーモンド

給食時の放送より

「中国はとても広く、日本の約25倍もの面積があり、人口が世界一多い国です。とても広い中国は、料理も地方によって、食材や調理法、味付けが異なります。地域によって、上海料理・広東料理・北京料理・四川料理などがあり、その呼び名も様々です。中華料理を作る時に欠かせない中華鍋は鉄で作られていて、強い火力で炒めることができ、中華鍋一つで、炒め物の他にも、揚げ物やゆで物など、様々な料理ができます。今日の豆腐の中華煮を中国の食文化を感じながら食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月5日(火)の給食 はコメントを受け付けていません。

11月1日(金)の給食

11月1日(金)

大豆ごはん(麦入り) 牛乳 食べて菜のごまドレッシング和え 田舎汁 プリン

給食時の放送より

「今日のごまドレッシング和えには、香川県でつくられた食べて菜が使われています。食べて菜は、香川県農業試験場で、さぬきなと小松菜を掛け合わせて、平成18年に誕生した新しい野菜です。食べて菜という名前の由来は、香川県内の小・中学生を対象に名前を募集したところ、『みんなに食べてほしい』という願いと、讃岐の方言で使う、『○○してな~』をかけたものが採用され、子どもたちの願いが込められています。食べて菜は、葉がやわらかくて甘みがあり、アクがなくて食べやすいのが特徴です。今日の給食の食べて菜は、地元の生産者の人が、給食のためにつくってくださったものです。香川県オリジナルの野菜である食べて菜を、しっかり食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 11月1日(金)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月31日(木)の給食

10月31日(木)

麦ごはん 牛乳 さんまのゆずみそ煮 がんもどきとひじきのうま煮 ポン酢和え

給食時の放送より

「さんまは、秋に脂がのり、おいしい時期をむかえる魚です。血液の流れをよくしたり、脳の働きをよくしたりする栄養素がたくさん含まれています。さんまは、北太平洋や日本海の広い範囲を大群で回遊します。さんま漁は、さんまが光に集まる習性を利用して、夜に灯りを照らして、7月から12月頃まで行われます。今日は、さんまのゆずみそ煮が出ています。旬の味をいただきましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月31日(木)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月30日(水)の給食

10月30日(水)

しっぽくうどん 牛乳 かたくちいわしのから揚げ おかか和え

給食時の放送より

「今日のから揚げの材料となっているカタクチイワシは、いりこで有名な香川県の伊吹島でとれたものです。伊吹島は、観音寺市の沖合にある島で、人口約500人のうち、半数以上がいりこの生産にかかわる『いりこの島』です。伊吹島周辺の海は、深さが20~30mと浅く、潮の流れも緩やかなため、ここに住む魚の骨や身は、軟らかいと言われています。カタクチイワシはとても傷みやすいため、伊吹島では水揚げ後に時間をおかず、すぐに加工して鮮度を保つ工夫をしているそうです。給食でもよく使っている『いりこ』は、カタクチイワシをゆでて干したものですが、今日の給食では、水揚げ後すぐに冷凍したカタクチイワシをから揚げにしました。頭と内臓を取り除き、食べやすくしたものを使っています。残さず食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月30日(水)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月29日(火)の給食

10月29日(火)

ハヤシライス(麦ごはん) 牛乳 りっちゃんサラダ ミニトマト チーズ

児童の感想より(1年3組)

「りっちゃんサラダがとてもおいしくて、りっちゃんのお母さんみたいに、食べたら元気になると思いました。ハヤシライスもおいしかったです。」

給食時の放送より

「2年生以上の人は、1年生の国語で学習する『サラダでげんき』を覚えていますか。1年生は習ったばかりですね。今日の給食には、りっちゃんが病気のお母さんのために作ったサラダが登場しています。ねこ・犬・すずめ・あり・馬・くま・ぞうが次々と出てきて、りっちゃんに『サラダに入れるとおいしいよ』と教えてくれました。そして、そのサラダを食べたお母さんは、病気が治って、たちまち元気になる、というお話です。りっちゃんサラダには、いろいろな食べ物が入っています。いろいろな食べ物を食べると、さまざまな栄養素が体の中にうまく吸収されます。調理員さんがみなさんのために作った『りっちゃんサラダ』を、残さず食べて、元気な体を作りましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月29日(火)の給食 はコメントを受け付けていません。

小さな音楽会

10月26日(金)・27日(土)に小さな音楽会がありました。

9月から合奏の「ルパン三世」「U.S.A」、合唱の「グッバイまた明日ね」の練習に取り組みました。

始めはバラバラだったところも、練習を重ねていくうちに音がそろいきれいなメロディーとなりました。

本番では会場から手拍子をしてもらえたことで、一体感を存分に味わうことができました。

カテゴリー: 5年生 | 小さな音楽会 はコメントを受け付けていません。

10月25日(金)の給食

10月25日(金)

麦ごはん 牛乳 焼き豆腐のみそそぼろ煮 小松菜のサラダ

給食時の放送より

「今日の給食には、小松菜が使われています。小松菜の名前は、300年くらい前につけられました。今の東京都 江戸川区 小松川辺りで、その時のお殿様が鷹狩りをした時、『青菜を入れたもちのすまし汁』がふるまわれ、それを大変気に入ったお殿様が地名をとって小松菜と名づけたということです。小松菜は、同じ畑で繰り返し作ることができ、夏は20日、冬でも2ヵ月で収穫できるため、作りやすい野菜として全国に広がりました。また、緑黄色野菜の中でも、小松菜は栄養価が高く、カロテンの他、骨や歯を作るために大切なカルシウムを多く含んでいます。今日は、小松菜をサラダに使っています。しっかり食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月25日(金)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月24日(木)の給食

10月24日(木)

ごはん ふりかけ 牛乳 秋野菜の煮物 むらくも汁 みかん

給食時の放送より

「みなさんは、食事の時にきちんとあいさつができていますか。食事の前には『いただきます』とあいさつをします。『いただきます』には、『生き物の命をいただきます』という意味が込められています。だから、食べ物を粗末にしたり、残したりすることは、生き物の命を粗末にしたり、無駄にしたりすることになります。そして、食事の後には『ごちそうさま』とあいさつをします。『ごちそうさま』の『ちそう』には『駆け走る』という意味があります。だから、『ごちそうさま』には『食事を作るための食材を育て、集め、料理をするなど、駆け回っていただき、ありがとうございました』という意味が込められています。食事の前と後には、必ず『いただきます』、『ごちそうさま』のあいさつを、感謝の気持ちを込めてしましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月24日(木)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月23日(水)の給食

10月23日(水)

麦ごはん 牛乳 肉じゃが 香り和え 納豆

給食時の放送より

「納豆は、大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品です。発酵とは、食べ物が菌の力で人間の体にとって良い変化をすることです。納豆の匂いやネバネバが苦手という人もいますが、納豆には、がんを予防したり、血液をサラサラにしたりしてくれるナットウキナーゼという酵素の他、体に良い栄養素が含まれています。納豆は、大豆栽培が広まった二千年前には、煮た大豆をわらに包み、温かい所において作っていたという説があるくらい、昔から食べられてきました。日本の代表的な健康食品である納豆を、おいしくいただきましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月23日(水)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月21日(月)の給食

10月21日(月)

コッペパン 牛乳 うずら卵とチンゲンサイのクリーム煮 海藻サラダ

給食時の放送より

「毎日の給食の準備は、協力して10分から15分程度で行うことができていますか。給食当番の人は、まず服装を整え、きれいに手を洗います。静かに並んで、クラスの給食を取りに行き、配膳の準備をします。ルールを守り、特に重いものや熱い汁などを運ぶ時は、転んだり、こぼしたり、やけどをしないよう、安全に気を付けます。配膳の時には、食缶にできるだけ残さないように、盛り付けます。当番でない人は、配膳中にウロウロせず、静かに待ちます。決められた時間に『いただきます』をするためには、全員の協力が必要です。一人一人が、何をするべきかを考え、手早く準備を終わらせて、楽しい食事の時間を作りましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月21日(月)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月18日(金)の給食

10月18日(金)

麦ごはん 牛乳 鮭のきのこソースかけ 大根と水菜のサラダ すまし汁

給食時の放送より

「今日の鮭のきのこソースかけに入っているきのこは3種類ありますが、何が入っているか分かりますか。正解は、エリンギ、えのきたけ、しめじです。これらのきのこは、今は工場などで一年中つくられていますが、本来は秋が旬の食べ物です。きのこは、野菜や果物と同じ、緑のグループの食べ物です。特にビタミンDが多く、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。また、食物繊維も多く含まれていて、お腹の調子を整えてくれます。きのこは味にクセがないので、いろいろな料理に使いやすく、たくさん食べてほしい食べ物の一つです。秋の味覚を味わいながらいただきましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月18日(金)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月17日(木)の給食

10月17日(木)

秋の香りごはん 牛乳 切り干し大根の含め煮 豆腐のみそ汁 スイートポテト

給食時の放送より

「今日の給食に含まれている、秋が旬の食べ物は、秋の香りごはんとスイートポテトに使われている『さつまいも』、ごはんの中に入っている『しめじ』です。スーパーなどによく出回っているしめじは、工場でつくられているため、一年中手に入れることができますが、天然のしめじの本来の旬は秋です。今日の給食では、香川県産のしめじをごはんに使っています。今日の秋の香りごはんは、秋の深まりとともに、だんだんと色づく葉っぱをイメージして、オレンジ色のにんじん、黄色のさつまいも、薄茶色のしめじを使っています。料理の名前や使う食材を工夫することで、季節感を感じられるようにすることは、日本の素晴らしい食文化です。味わって食べましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月17日(木)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月16日(水)の給食

10月16日(水)

コッペパン 牛乳 ポトフ フレンチサラダ りんご

給食時の放送より

「みなさんは手を洗う時、手のひらをゴシゴシするだけで済ませていませんか。実は、指先や指の間、手首にも、見えないバイ菌やウイルスがついています。正しい手洗いの方法は、まず水を流しながら手を洗い、石けんをつけてしっかり泡立てます。次に、手のひら、手の甲をこすり、指の間は、両手を組むようにしてこすり合わせて洗います。そして、親指や手首は、反対の手でねじるようにして洗います。また、指先、爪の間は、手のひらの上で指先をこするように洗います。さらに、水で石けんと汚れをしっかり洗い流します。最後に、清潔な乾いたハンカチで水分をきちんとふき取ります。正しい手洗いの習慣は、バイ菌やウイルスから体を守るために大切です。正しい方法を身に付け、すみずみまで、丁寧に洗いましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月16日(水)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月15日(火)の給食

10月15日(火)

チキンライス(麦入り) 牛乳 グリーンサラダ

コンソメスープ ヨーグルト希少糖シロップがけ

給食時の放送より

「みなさんは希少糖を知っていますか。希少糖は、自然界に少ししかない糖のことで、いろいろな種類がありますが、その中の一つが香川県で研究・開発されました。香川大学の何森教授は、微生物の力を使い、38年間も粘り強く研究を続けた結果、希少糖をたくさん作ることに成功しました。希少糖は、生活習慣病の予防や改善などに役立つと注目されています。香川県で作られた希少糖を、ヨーグルトにかけて味わいましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月15日(火)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月11日(金)の給食

10月11日(金) ふるさと給食

ごはん 牛乳 秋鮭の南部焼き すだち和え 国分寺産さつまいも入り豚汁

児童の感想より(4年1組)

「ごまの風味がきいていて、皮までおいしかった。豚汁の具がおいしかった。」

給食時の放送より

「今日は国分寺町でとれる食べ物を使った『ふるさと給食』の日です。さて、今日のおかずに、『秋鮭の南部焼き』というメニューがありますね。『北部小学校なのに南部?』と、思うかもしれませんが、この南部とは国分寺のことではなく、青森県や岩手県辺りのことで、この辺りがごまの名産地であることから、ごまを使った料理に、南部という名前をよくつけるようになっています。今日は、鮭を調味料に漬け込み、ごまをつけてオーブンで焼きました。また今日の給食では、国分寺町でとれた、さつまいもとしいたけを使っています。地域の農家の人をはじめいろいろな人が関わってできた給食です。おいしくいただきましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月11日(金)の給食 はコメントを受け付けていません。

10月10日(木)の給食

10月10日(木)

麦ごはん あさりの佃煮 牛乳 高野豆腐の卵とじ 野菜のごま和え

給食時の放送より

「高野豆腐は、豆腐を凍らせ、乾燥させて作られた保存食品の一つです。『高野』の名前の由来は、高野山から来ていると言われていて、和歌山県の高野山のお坊さんによって作られ、江戸時代には高野山のお土産として広まったと伝えられています。今、スーパーなどで売られているものの多くは、工場で作られていますが、昔は寒い時期に屋外で豆腐を自然に凍らせて作っていました。高野豆腐には、たんぱく質の他、カルシウムや鉄分も多く含まれています。今日の給食は、高野豆腐を使った卵とじにしました。栄養たっぷりの高野豆腐を、おいしくいただきましょう。」

カテゴリー: 今日の給食 | 10月10日(木)の給食 はコメントを受け付けていません。