天体ショー「双子座流星群」

14日の夜から15日の夜明け前頃、双子座流星群の活動が極大になるそうです。
13日の夜から条件がよいと流星が見え始め、14日の22時以降は1時間あたり45個程度の流星が見られるとの情報もあります。
双子座はこの時期、オリオン座や冬の大三角の天頂側に位置し、深夜に向けて南の空へ昇っていきます。
ほぼ真上から流星が流れ始めると想定してよさそうです。
しかし、近くに月があるため観察条件はよくありません。
興味のある方は、防寒・安全に気をつけて観察してみてください。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク