9月30日(金)すずかけタイム

隔週金曜日の朝といえば、そう、すずかけタイムです。
今朝はおもしろブックス委員会のみなさんによる読み聞かせと、読書ビンゴのお知らせです。
進行はいつものようにアッチとベビーです。今日紹介する本は「ようかいのおひっこし」。都会に住んでいた妖怪たちが、山あいの小さな村に引っ越してきます。過疎化で老人ばかりだった村民は、妖怪だろうとなんだろうと人口が増えれば大喜び・・・。
 
 
続いてユニコから読書ビンゴのお知らせです。
本を返却するときにビンゴシートを見せるとスタンプがもらえます。縦・横・斜めのどれか1列がそろったら1ポイントです。1ポイントで「もう1冊貸出券」、3ポイントで「すきなしおり1まい」、9ます全部うまったら「選べるプレゼント」をゲットできます。
 

しおりは、おもしろブックス委員会の6年生が夏休みに頑張った渾身の力作です。
今回初登場のロゼットかざりは、マスキングテープでできていてクリップとブローチの2種類から選べます。他にも折り紙飾りやメモ帳、もう1冊貸出券パスポート、何冊でも借りられる券など、盛りだくさんです。
 
 
ビンゴシートの中にある「福袋の本」の実物はこちらです。中に本が入っています。おもしろブックス委員会のみなさんが、①本を選ぶ、②本のレベルを決める、③本の内容のヒントを考えて書く、といった作業を業間休みや昼休みに何日もかけて行っていました。
おもしろブックス委員会のみなさん、よく頑張りましたね。本当にお疲れ様でした。
 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク