9月13日(火)学習のようす

七十二候のうち第四十四候「鶺鴒鳴(せきれいなく)9月13日~17日頃」に移りました。
セキレイは水辺を好みますが、民家の軒下で見かけることもあります。人や車の道案内をするかのように歩いたり飛んだりします。長い尾を上下に振りながら歩くので石たたきや岩たたきの別名があります。他にもたくさんの異名があり、恋教鳥もその一つです。
よく見かけるのが、ハクセキレイとセグロセキレイです。見分け方は、目の下が白く背中が灰色なのがハクセキレイ、目の下が黒く背中が黒いのがセグロセキレイです。セキレイの鳴き声はこちら
 
1年生が今朝も計算・カタカナプリントを頑張っています。
2年生の国語です。「うれしくなることばをあつめよう」です。人から言われてうれしかったことを思い出しながら、言葉集めをします。その言葉が、いつも教室で響いているといいですね。
 
3年生の人権ポスターの彩色が始まりました。もうすぐ完成です。
4年生の算数です。わり算の筆算が進んでいます。今日は252÷36などを解いています。25÷3を考えて8と商の見当をつけ、大きすぎるときは1つ小さく7とします。
 
5年生が詩の学習をしています。黒田三郎さんの「紙風船」、高田敏子さんの「水のこころ」を読んでいます。
6年生が立体の体積を求めています。「直方体=たて×よこ×たかさ」のうち、たて×よこは底面積になっていることから、三角柱のような体積を「底面積×高さ」と一般化しています。
 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク